げんきゅーどっとこむ

他人のブログを勝手に言及します。

荒れるのも当然だし、荒れないのも当然。10%が言いたいこと。

こんばんわ、そーりです。

最近、更新時間が遅くなっています。

 

今日はこちら。

www.sayulog.com

以前にも言及したことのある「おどりば」さん。

 

最近のブログ界隈の話がまとまっていましたが。

 

ブログ特有の文化と、普通の人の文化があまり受け入れられてないのでしょうか。

こんなブログもありました。

 

www.proof0309.com

この記事の中には

根拠がないのに言い切る

ことが、ブログとは違うと書いてある。

論文では、数値的なデータや、根拠をもっとはっきりさせる必要があるとのこと。

 

ということは、ブログでは、決め付けちゃうということか。

 

 

これがよくも悪くもブログやネットメディアの特徴なのでしょう。

と言い切るのも問題かもしれませんが。

 

ブログという開かれた場には、様々なレベルの人がいます。

それはライティング能力だったり、社会的レベルだったり、職業だったり。

いろんなレベルの人が同じフィールドにいるので、刺さる文章、見向きもされない文章があるでしょう。

 

だからもっと荒れてもいいと思うんですよね。

炎上するのは、当然のことだと思います。

ただそれが相手にされないと、火もつかないんですが。

 

僕自身はブログは特別な場だと思っています。

それを100%、まるまる受け入れてしまうと大混乱です。

10%程度が本当のこと、80%程度が曖昧な肉付け、10%はハッタリだったり燃料だったり盛ってあったり。

という印象ですね。

 

そのブログが言いたいことや言うべきことは、10%くらいですよ。

という気分で読めば、上手く受け入れられるのかなぁと。

 

それを見分ける、見極めるのも、ブログで学べる面白い教材だと思います。