げんきゅーどっとこむ

他人のブログを勝手に言及します。

PCデポも、駅転落も、個の責任になりつつある世の中が悪い

おはようございます、そーりです。

世の中、個に向かっているような気がしませんか?

家族は親子だけ、地域のみんなとの交流も少なく。

道ばたで声を掛ければ「事案発生」と言われ。

 

周りの人と関わるのがイヤな人も増えている。

自分の好きな人と、好きな時間、一緒にいられればよくて、変な干渉はして欲しくないと。

その気持ちはすごくよくわかります。

ですが、そういったことから、この2つの事件を見てみたい。

 

togetter.com

www.asahi.com

どちらの事件も、結局は人と関わらない世の中が問題。

80過ぎの老人だけで、PCの修理に行ったの??

誰かサポートしてあげなかったの???家族やPCが得意な人は周りにいないの???

 

昔はそうやって周りの誰かを頼ったものだよ。

困ったら周りに聞くしかなかった。

日頃からの人間ネットワークを活かして、困ったときは相談に行ったものだ。

 

しかし、最近の世の中はググれば答えが出てきたり、自分の中だけで判断をしなければいけないことも多い。

そうするとこういった事案が発生するのだろう。

PCデポの店員が説明をしていれば契約するのは自由なので、10万だろうと100万だろうと問題ないだろう。

 

しかし、それが後になって気付くような家族関係は問題だと僕は感じる。

ろくに説明も聞きもしないで、契約するからだよ。

そういう場にじいちゃん一人で行くことも、それが相談できる環境じゃないのが問題。

 

視覚障害の男性の件も。

誰か声掛けてやれよと思うけれど、今の世の中は声を優しく掛けてあげる世の中じゃない。

自分は自分という世の中だ。

僕がその場にいたら、ちゃんとサポートしてあげられた???

胸を張ってYESとは言えない。

 

集団から個に世の中の動きが変わってきている。

それによって引き起こされた2つの事件。

これらのことは、甘受すべき程度のことなのだろうか。

 

そういったときの手助けって誰がする???

周りの知らないおじさんおばさんがしてくれる???

生きづらい世の中になったものだ。