げんきゅーどっとこむ

他人のブログを勝手に言及します。

恋の思い出はサッカー台から

おはようございます、そーりです。

はてなブログのトップがちょっと変わりましたね。

 

そこに載っていたこの記事

fngsw.hatenablog.com

僕が「サッカー」という言葉を知ったのは、21歳のころだった。

「サッカー」って作業があることを、パン屋のおねぇさんに教えてもらった。

Aさんとしておこう。

 

単純に僕はそのAさんのことが好きだったのだ。

もちろん今でも気になる存在なのだが。

 

僕より5つ年上だったな。

恋愛経験も豊富でなかった僕にとって、年上のおねぇさんはまぶしかった。

何から何まで遊ばれたような操られたような。

手のひらの上でたくさん転がされた。

 

こんなに楽しいことがあるんかなぁってくらい、ドキドキしてワクワクした。

そのおねぇさん、タバコを吸うんです。

だから、僕もタバコを吸うようになって、喫煙所で頑張って連絡先を聞いた。

 

今となっては、そんなことをしなくても、どんどんアタックできるのだけれども。

当時はまだまだシャイボーイだったわけで。

 

本当に素敵なおねぇさんでした。

今はどうしているのか全く知らないけれど、縁があればどこかで出会うことでしょう。

元気な姿を見ることができれば、僕は幸せです。

 

そういった思い出って、何気ないところに落ちているきっかけから思い出しますよね。

サッカー台に感謝です。