げんきゅーどっとこむ

他人のブログを勝手に言及します。

行動すればいいんだけど、行動するってどういうことさ。

こんにちわ、そーり(@so_ri_me)です。

 

www.soredemotbc.com

 

 ツイッターで、こんな記事を見つけました。

現役高校生のブログなんですけどね。

モゾモゾ、ムズムズする感じがするんですよね。

 

それは、彼に対してではなく、これを読んだであろう読者の人に対してでしょうか。

 

氏の記事には、こんなことが書いてある。

真の情報強者は、得た情報をうまく活用して自身に投資してる。

 ということは、氏のブログで得た情報をうまく活用して投資するほうがよいのだろう。

 

で、結論、行動することが重要なんですけどね。

 

行動するって何でしょうか。

動くって何だろうか。

 

ブログを書いて情報発信することは行動することだろうか。

ヒッチハイクをすることが行動することだろうか。

※彼を否定しているわけではなく、身近な話題として取り上げているだけです。

 

行動には二種類の行動がある。

目立つ行動と、目立たない行動。

目立つ行動をすれば、注目を浴び、いい気持ちになれるかもしれない。

目立たない行動は、地味で、ひたむきで、誰にも見てもらえないかもしれない。

 

行動する目的が、認めてもらう、見てもらうじゃないことは承知の上で。

行動って何だろうか。

 

とくに若い人が見ているなら、行動すると同時に、足元を固めないといけない。

僕はそう思うわけだ。

 

試合でどんどん塁に出たい。

と、バッターボックスに立ってフルスイングをする。

これを行動と思うなら、それは間違い。

 

練習の時間も大事、千本ノックの時間も大事。

それも行動であって、目立つことだけ、輝いていることだけが行動ではない。

 

行動って、やろうと決めたことをやってみることだと思う。

毎朝、家族に挨拶をする。とかね。

当たり前のことを、意識してやる。

意識して、つまりやろうと決めてやる。

 

それだけで随分と変わる。

氏のブログのここに書いてあること

スマホゲーだとかSNS、YouTubeみたいな動画サイトをダラダラと眺めて、惰性でスマホを触っている間に、欲しい情報を徹底的に掻き集めて、行動につなげていこうとする人間もいるという事実に気づいて欲しい。

惰性で、ダラダラはダメなのだ。

 

行動すると決めて、行動する。

 

毎日、花壇に水やりをしたり。

毎日、新聞を10分読んだり。

旅先では、5人の人に声をかけてみる。

 

何か自分でやりたいこと、行動したいことを決めないといけない。

小さなことでもいいし、毎日やっていることでもいい。

 

ある時、それを振り返ること。

1週間後、1か月後、半年後、タイミングは人それぞれだろう。

その行動、ちゃんとできた?

やりたいように、想像していたようにできた?

 

という循環が大事。

 

ただ「行動」だけに注目していてはいけない。

 

彼は、僕の半分の年齢です。

僕は、彼の倍の人生を歩んでいます。

 

こういったことにどれだけ早く気が付くか。

そういう意味で僕が出遅れているなら、彼の倍、行動します。

そうすれば、彼と同じラインに並ぶことができるでしょう。