げんきゅーどっとこむ

他人のブログを勝手に言及します。

polcaにおける感覚の違い、応援サイト?ネット乞食? #polca

こんにちは、そーり(@so_ri_me)です。

ここ数日、気になっているサービスがあります。

 

polca

 

簡単に言うと、ネットでお金集めができるシステム。

しかも少額。

 

ワンクリックで(厳密にはスマホなので"タップ"ですが)、特定の人に送金できる。

300円、500円などの金額を送ることができる。

 

そうすると2種類の考え方がでてきます。

 

  1. 友人に応援してあげやすくなった
  2. ネット乞食じゃん

 

どちらの意見も、それもそうだなぁと。

 

日本人はお金を渡す行為に慣れていないのでしょうか。

寄付、喜捨という考え方。

 

これに頼り切っていると、それはそれで評価を下げるということ。

サービススタートして初日~3日くらいであれば、お祭り気分でやってしまえばいい。

 

けれど、それ以降、サービスが認知され落ち着いたとき。

このサービスは怖いですね。

 

何でもかんでも「polca」すると、結局お前がサボっているだけじゃん。って

ツイッター、ブログで積み重ねた信用を、数百円で使っていく。

そのバランスがうまくできれば、便利なサービスなのでしょう。

 

僕個人としては、手数料の問題もあると思うが。

もっと少額のお金を送れるようなサービスになってほしい。

 

例えば、ものすごく困ったときに助けてくれたウェブサイト、Yahoo!知恵袋で助けてもらったとき。

10円、50円、100円くらいのお礼をしたいと思うとき。

このもやもやした気持ちを解決してくれる。

 

このサービスをうまく使える人。

普段から元気なパワーを周りに分けてくれる人。

普段から笑顔をお届けしている人。

普段から輝いているなと思うタイプの人。

今までたくさんの人にGIVEしてきた人。

見返りを求めてこなかった人。

 

あとは若い人。

 

そうでない人は「またクレクレ君か」と思われる。

「なんでお前に支援しないとあかんねん」と思われる。

 

巷ではMacBookおじさんが流行っていましたので。

polcaおじさんでも始めてみようかなと。

 

使い方、事例については、下記2サイトが面白く書いてありましたので、ご覧いただければと思います。

 

www.zakitasu.net

 

www.yukigao.com